成長痛

岡山城

こんにちは。

津山市にある、ほがらか鍼灸整骨院です。

梅雨入りし、本日は一日雨のようですね・・・

今回は小、中学生に多い成長痛についてです。

当院にも来院される成長痛の患者さんの多くは、

膝か踵(かかと)の痛みを持っています。

整形外科などでは

膝の痛み・・・(オスグット・シュラッター病)

踵の痛み・・・(シーヴァー病)

と言われることが多くあります。

原因としては、骨の成長に対して筋肉の成長が伴わないために

筋肉が骨を引っ張る痛みが表れると言われています。

痛みの箇所では炎症が起こっているので、運動後には

しっかりとしたアイシングが必要になります。

筋肉を補助してあげるためのテーピングも痛みを緩和させるには

とても有効ですので予防としても大切になってきます。

100%でスポーツに取り組めるよう、各個人にあった

リハビリ、トレーニングを考えていますので、

痛みに悩んでいる方はお話だけでも聞かせて下さいね(^^)