疳の虫(かんのむし)について

こんにちは。

津山市にある、ほがらか鍼灸整骨院です。

「疳の虫」

生後6~8か月頃に起きやすい症状で

呼吸が乱れる程大泣きしてしまう様子です。

赤ちゃんは、お父さんお母さんの姿が

見えなくなると不安になりますよね。

夜泣きをしてしまうのはお父さん、お母さんの姿を確認しにくいからのようです。

毎日の夜泣きとなるとご両親も少しづつ疲れが溜まってしまいますよね。

当院では、小児に対する治療も行っています。

自律神経の乱れの治療などでも同じですが、

何度か治療を継続させて頂くと、症状が安定されることも

多くありますので、一度ご相談下さい(^^)