脊柱管狭窄症について

こんにちは。

津山市にある、ほがらか鍼灸整骨院です。

11月3日(土・祝)午前診療しています。

11月13日(火曜午後)休診させて頂きます。

さて、脊柱管狭窄症と診断されたことがある方は

少なくはないと思います。

症状としては、脊柱管という背骨の後方にある

空間が圧迫されることにより、

お尻から足のしびれや腰痛。

歩いていると足が動きにくくなり、休むとまた歩けるようになる。

少し前かがみになると症状が落ち着く。

このような症状で悩んでいる方を多く聞きます。

背中、腰、お尻の筋肉が硬くなると骨と骨の間が狭くなって

しまいますので、いかにこの部分の柔軟性を保つかが重要となってきます。

柔軟性に関しましては、日々の少しの柔軟(ストレッチ)や体操でも

向上させることができます。

もちろん治療することにより、症状が緩和することも

多くありますので、患者さんとはできる範囲の運動を

考えていくこともあります。

鍼治療もとても有効ですので、一度試してみて下さいね(^^)